仕様一覧

モデル
8コアモデル 8コア x1CPU 16コアモデル 16コア x1CPU 40コアモデル 20コア x2CPU
提供機種
Supermicro
SYS-510P-MR
Supermicro
SYS-510P-WTR
FUJITSU
RX2530 M5
CPU
型番
Intel Xeon
Silver 4309Y
Intel Xeon
Gold 6326
Intel Xeon
Gold 6248
クロック
2.8GHz 2.9GHz 2.5GHz
コア数(1CPU当たり)
8(8) 16(16) 40(20)
メモリ容量《標準》
《64GB》
128/256/512GB
《64GB》
128/256/512GB
《96GB》
192/384/768GB/1.5TB
SATAストレージ
搭載台数 ※1
標準ストレージ :(2本1組/RAID1)
最大4本(2本追加)
標準ストレージ :(2本1組/RAID1)
最大6本(4本追加)
《標準》
《SSD480GB》
SSD
SSD
960GB / 1.92TB / 3.84TB
NVMe
搭載台数
- 最大4本
U.2
- P4610
3.2TB / 6.4TB
※ハードウェアRAIDなし
物理NIC ※2
1G × 2 port 1G × 2 port
10G × 2 port
回線 ※3
ローカル回線《標準》
《2Gbps(1Gbps × 2)》 《4Gbps(2Gbps × 2)》
10Gbps(5Gbps × 2)
20Gbps(10Gbps × 2)
グローバル回線《標準》
《100Mbps(50Mbps × 2)》
250Mbps(125Mbps × 2)
500Mbps(250Mbps × 2)
電源
冗長
リージョン
石狩(第3ゾーン)
  • ※1 追加ストレージは、原則として同種2本の場合は「RAID1」での提供となります。標準ストレージを含めて同種4本以上の場合は「RAID10」での提供となります。
  • ※2 OSインストール時にはボンディングが有効となっているため、物理NICの論理port数は「1」と表示されます。詳細は、さくらの専用サーバ PHY マニュアルをご覧ください。
  • ※3 ボンディングによる冗長回線の合計帯域となります。各物理NICの帯域上限は表中の()内をご覧ください。