新型コロナウイルス感染症に関する当社対応について

サービス保守とSLAについて

サーバー機器の故障について

ハードウェアの故障が発生した場合は、同一または同等スペックのハードウェア機器と無料で交換いたします。
ハードウェア機器の交換に伴ってOSのインストール作業が発生した場合はお客様の対応となります。

※ハードウェア故障によるデータの保証はございません、お客様自身にてバックアップ取得の必要がございます。

ライフサイクルについて

サーバーの乗り換えは、おおよそ5年を目安にご検討ください。
ご利用年数が長くなるにつれて、メーカー終売等により、サーバーの保守部材が枯渇するリスクが高まります。また、保守部材の枯渇やベンダーサポートの終了によりセキュリティリスクが高まる恐れがある場合は、事前に告知の上でサービス提供を終了する場合がございます。
また、保守部材の枯渇やベンダーサポートの終了によりセキュリティリスクが高まる恐れがある場合は、事前に告知の上でサービス提供を終了する場合がございます。
おおよそ5年を目安に、サーバーの乗り換え準備を行っていただくことを強く推奨いたします。

サーバーのライフサイクルのイメージ

サーバー

  • サーバーは精密機器のため、サーバー機器は一定期間で機器の経年劣化を起こします。
  • 交換するハードウェア機器の製造終了などの理由で、交換機材などの準備ができなくなった場合は、約款に基づきサービスを終了する場合がございます。
  • サーバーメーカーとさくらインターネットとの契約などにより、機器故障時の詳細情報や最新のソフトウェアなどが提供できなくなることがございます。最新のソフトウェアの提供ができなくなった場合は、機器の不具合の解消ができなくなる可能性がございます。
  • ベンダサポートが終了しているOSはセキュリティの問題があるため、最新のOSをご利用いただける販売中のサーバーモデルへの乗り換えを強く推奨いたします。

サーバー以外

サーバー以外にもネットワーク機材、アプライアンス機材、ファシリティに関する部材などの保守部材の調達が難しく、サービス継続に支障がある場合は、約款に基づきサービスを終了する場合があります。