新型コロナウイルス感染症に関する当社対応について

リージョン/ゾーン

石狩リージョン・ゾーン、東京リージョン・ゾーンの場所のイメージ

特長

バックアップ、DR(ディザスタリカバリ)対策にも利用可能

リージョンはもちろんゾーン(※)についてもぞれぞれ異なるネットワーク環境で運用されているため、サーバーが収容されているネットワーク機器やラックなどは完全に分離されています。
耐障害性の向上のために、異なるリージョンに複数のサーバーを用意いただくことで、万が一のアクシデントや災害発生時に備えたバックアップ用途などの運用も可能です。

  • ※ 「さくらの専用サーバ」は、石狩リージョン(第1,2ゾーン)、東京リージョン(第1ゾーン)です。
  • ※ 「さくらの専用サーバ PHY」は、石狩リージョン(第3ゾーン)です。

サービス仕様について

ネットワーク仕様

  • 異なるネットワーク環境になるため、リージョン・ゾーンを跨ぐネットワークオプションサービスは一部サービス仕様に制限があります。
  • ハイブリッド接続サービスをご利用いただくことで、異なるゾーン間のローカル接続が可能です。 ハイブリッド接続
  • 専用グローバルネットワークは、リージョン・ゾーンを越えてご利用いただけません。 専用グローバルネットワーク
ハイブリッド接続のイメージ