OSプラン

VMware vSphere
Citrix XenServerについて

仮想化ソフトウェアとは

「仮想化」とは、1台の物理サーバ上で複数のゲストOSを同時に稼働させることが可能となり、物理サーバのCPUやメモリ、ディスクなどのシステムリソースを有効に利用することができる技術です。

例)Xen、KVM(当社さくらのVPSで使用)、VMware、Hyper-V、Virtuozzo など

仮想化の導入メリット

サーバ台数の集約/運用の効率化

仮想化技術を使い物理的なサーバの台数を集約することで、 各サーバの使用率の向上やシステム管理の工数/コストの削減につながります。

例)ピーク需要にあわせて構築したが、その後の使用率が低下した物理サーバを、1台の物理サーバ上に集約
例)負荷のピーク時間が違う物理サーバを、1台の物理サーバ上に集約

システムの延命

仮想化ソフトウェアを導入して仮想環境を構築することによりOSのハードウェア依存を排除することが可能となり、新しいハードウェアでは動作しないOSを長期に渡って継続運用することができます。

開発・テスト環境の効率化

たとえば、OSやアプリケーションをインストール済みな環境のイメージを保存しておき、そのイメージを仮想環境にコピーすることで、すばやく簡単に仮想環境上で開発/テスト環境を構築することが可能です。

VMware vSphereとは

ヴイエムウェア社が提供している、高い統合率の仮想化プラットフォームを実現するハイパーバイザー型仮想化ソフトウェアです。物理サーバに直接インストールするため、一般的なOSで必要なタスクが不要になるため、管理オーバーヘッドを大幅に削減することが可能です。

※ さくらインターネットにて提供している製品は無償版(VMware vSphere Hypervisor)となり、VMware vSphereの基本となるハイパーバイザー機能をご利用いただけます。

※有償版へのアップデートは、お客様自身でご用意いただいたライセンスファイルを追加する必要がございます。

VMware vSphere アーキテクチャ概念図

Citrix XenServer アーキテクチャ概念図

VMware vSphereで利用できる機能

当社の専用サーバサービスでは、「VMware vSphere 無償版」の下記のような機能を利用することができます。

■ VMware vSphere Client(※)によるサーバの管理

「VMware vSphere」専用の管理クライアントVMware vSphere Client(※)を使うことで、vSphere Hypervisorホスト上の仮想サーバを管理することができます。

※ お客様のクライアント環境へのインストールが必要です。

■ 柔軟なリソース割り当て

ホストサーバのCPU、メモリリソースの割り当てをゲストOSごとに設定すれば、特定ゲストOSのリソース独占を防ぐことができます。

Citrix XenServer アーキテクチャ概念図

■ スナップショット

仮想マシンのスナップショットを作成すれば、パッチやアップデートのテストにおいて、変更後の状態からロールバックすることができます。

■ ホストキャッシュ機能

SSD(ソリッド ステート ドライブ)上に VMFS データストアを作成し、これらのデータストアを使用して、ホスト キャッシュの領域を割り当てることができます。

機能など、詳しくは社のホームページをご覧ください。

ヴイエムウェア

VMware vSphere Client インストール要件

項目 Windows OS へのインストール
OS ※ (32bit)
Windows Vista Service Pack 2
Windows 7 / Service Pack 1
Windows 8
Windows Server 2008 Service Pack 1 / Service Pack 2

(64bit)
Windows Vista Service Pack 2
Windows 7 / Service Pack 1
Windows 8
Windows Server 2012 R2
Windows Server 2012
Windows Server 2008 Service Pack 1 / Service Pack 2
Windows Server 2008 R2 / Service Pack 1
Microsoft .NET Framework .NET 3.5 SP1 Framework
CPU 500MHz以上のIntelまたはAMDプロセッサ(1GHz以上を推奨)
メモリ 1GB
ディスク 次のコンポーネントを含むフルインストールでは1.5GBの空き容量
・ Microsoft .NET 2.0 SP2
・ Microsoft .NET 3.0 SP2
・ Microsoft .NET 3.5 SP1
・ Microsoft Visual J#
・ vSphere Client
NIC ギガビット接続を推奨

※ vSphere Client でサポートされている最新のオペレーティング システムの一覧については、
http://www.vmware.com/resources/compatibility にある 『VMware 互換性ガイド』 を参照してください。

VMware vSphere 無償版利用上の注意

■ サービス提供範囲について

当社提供範囲は「ハイパーバイザー」レイヤーまでとなり、「ゲストOS」は提供いたしません。

■ vMotionによる「ライブマイグレーション」について

無停止の「ライブマイグレーション」を行うことはできません。

Citrix XenServer アーキテクチャ概念図

■ 「保守系オプション」サービスにつて

OSに「VMware vSphere」を選択した際には、以下の「保守系オプション」サービスはご利用いただけません。

  • 障害復旧
  • ソフトウェアインストール代行
  • SSL設定代行(ただし、SSL申請代行はご利用いただけます。)
  • 標準RAID監視

■ ゲストOSについて

ゲストOSの情報については、以下のヴイエムウェア社公開サイトから、条件を指定し検索して確認してください。

VMware Compatibility Guide

ゲストOS用IPアドレスについて

ゲストOSのインターネット接続にはオプションサービス「専用グローバルネットワーク」が必要です。
VMware ESXi上に作成したゲストOSをインターネットへ接続するには、オプションサービス「専用グローバルネットワーク」の利用が必要です。
「専用グローバルネットワーク」を別途ご契約いただき、開通後にコントロールパネルにてVMware ESXi ホストのネットワークを「共用ネットワーク回線」から「専用グローバルネットワーク回線」へ切り替えを行っていただいた上でご利用ください。

※オプションサービス「専用グローバルネットワーク」の詳細については、下記をご覧ください。

専用グローバル・ネットワーク

ホストでのルーティング設定に必要となるIPアドレスを考慮した場合にゲストOSに利用することができるIPアドレス数は下記の表の通りです。

オプションサービス
「専用グローバルネットワーク」
IPアドレス数 ゲストOSに割り当て可能なIPアドレス数
ホストサーバにIPアドレス
を"割り当てない"場合
ホストサーバにIPアドレスを
"割り当てる"場合
プランS (/28) 16 9 8
プランM (/27) 32 25 24
プランL (/26) 64 57 56
プランLL (/25) 128 121 120

※ オプションサービス「ロードバランサー」をご利用になる場合は、「ゲストOSに割り当て可能なIPアドレス数」から3IPアドレスが必要になります。

専用グローバルネットワーク回線のIPアドレス割り当ては以下のようになっております。

IPアドレス種別 IPアドレス位置
ネットワークアドレス×1 先頭のIPアドレス
ゲートウェイアドレス×1 2番目のIPアドレス
ゲートウェイアドレス予備×2 3、4番目のIPアドレス
ファイアウォール管理用IPアドレス(冗長用)×2 ※1 5、6番目のIPアドレス
ロードバランサー管理用IPアドレス(冗長用)×3 ※2 ※3 7、8、9番目のIPアドレス
サーバ利用可能アドレス ※3 ※4 10番目以降のIPアドレス
ブロードキャストアドレス×1 最後尾のIPアドレス

※1 ファイアウォール管理用IPアドレス(冗長用)は、オプションサービス「ファイアウォール」をご契約いただいた場合に

使用するIPアドレスとなります。

※2 ロードバランサー管理用IPアドレス(冗長用)は、オプションサービス「ロードバランサー」をご契約いただいた場合に使用するIPアドレスとなります。

※3 L3 VPN ファイアウォールをご契約いただいた場合、ロードバランサー用IPアドレス以降をサーバ(NAT)に割り当てていただくことができます。

※4 お客様のサーバ(ホストサーバ、仮想OS)にて利用可能なIPアドレスは「サーバ利用可能アドレス」になります。

※ IPv6アドレスについても同様となります。

例)203.0.113.0/28の割り当てを受けた場合は以下のようなIP割り当てとなります。

IPアドレス種別 IPアドレス位置
ネットワークアドレス×1 203.0.113.0
ゲートウェイアドレス×1 203.0.113.1
ゲートウェイアドレス予備×2 203.0.113.2~3
ファイアウォール管理用IPアドレス(冗長用)×2 203.0.113.4~5
ロードバランサー管理用IPアドレス(冗長用)×3 203.0.113.6~8
サーバ利用可能アドレス 203.0.113.9~14
ブロードキャストアドレス×1 203.0.113.15

提供サーバモデルについて

提供対象のサーバモデルは下記のさくらの専用サーバのみになります。
その他のサービスでは提供しておりませんので、ご注意ください。

さくらの専用サーバ

シリーズ 区分 モデル CPU
スタンダード 現行モデル Xeon 4Core 3.40GHz【2016年12月より対応予定】 Xeon E3-1230 v5
旧モデル Xeon 4Core 2.20GHz Xeon E5-2407
Xeon 4Core 3.30GHz Xeon E3-1230 v2
Xeon 4Core 2.40GHz Xeon E5-2407 v2
パフォーマンス 現行モデル NEC E120f-M Xeon 6Core 2.40GHz Xeon E5-2620 v3
NEC E120f-M Xeon 6Core 2.40GHz 2CPU Xeon E5-2620 v3 ×2
エクスプレス 旧モデル NEC E120e-M Xeon 4Core 2.40GHz Xeon E5-2407 v2
NEC E120e-M Xeon 6Core 2.50GHz Xeon E5-2430 v2
NEC E120e-M Xeon 6Core 2.50GHz 2CPU Xeon E5-2430 v2 ×2
HP DL2000 Xeon 2.40GHz 4Core Xeon E5620
HP DL2000 Xeon 2.40GHz 6Core Xeon E5645
HP DL2000 Xeon 2.40GHz 4Core 2CPU Xeon E5620 ×2
NEC E120d-M Xeon 4Core 2.20GHz Xeon E5-2407
NEC E120d-M Xeon 6Core 2.20GHz Xeon E5-2430
NEC E120d-M Xeon 6Core 2.20GHz 2CPU Xeon E5-2430 ×2
エクスプレスG2 旧モデル Fujitsu RX1330 M1 Xeon 4Core 3.40GHz Xeon E3-1231 v3
Fujitsu RX200 S8 Xeon 8Core 2.60GHz Xeon E5-2650 v2
Fujitsu RX200 S8 Xeon 8Core 2.60GHz 2CPU Xeon E5-2650 v2 ×2
Fujitsu RX100 S7 Xeon 4Core 3.30GHz Xeon E3-1230 v2
Fujitsu RX200 S7 Xeon 8Core 2.60GHz Xeon E5-2670
Fujitsu RX200 S7 Xeon 8Core 2.60GHz 2CPU Xeon E5-2670 ×2
アドバンスド 旧モデル DELL R720xd 6Core 2.60GHz 2CPU Xeon E5-2630 v2 ×2
フレックス 旧モデル DELL R510 Xeon 6Core 2.40GHz Xeon E5645
DELL R510 Xeon 4Core 2.40GHz 2CPU Xeon E5620 ×2
DELL R510 Xeon 6Core 3.06GHz Xeon X5675
DELL R510 Xeon 6Core 3.06GHz 2CPU Xeon X5675 ×2

Citrix XenServerとは

シトリックス・システムズ社が、オープンソースの仮想化ソフトウェア「Xen」をベースに開発した製品で、物理サーバ上で仮想サーバ環境の構築ができるハイパーバイザー型仮想化ソフトウェアです。

※ さくらインターネットにて提供している製品は「Citrix XenServer 無償版」のみとなっております。

Citrix XenServer アーキテクチャ概念図

Citrix XenServer アーキテクチャ概念図

Citrix XenServerで利用できる機能

当社の専用サーバサービスでは、「Citrix XenServer 無償版」の下記のような機能を利用することができます。

■ XenCenter(※)による複数サーバの一括管理

「Citrix XenServer」専用の管理クライアントXenCenter(※)を使い、複数の仮想サーバを集中管理することができます。

※ お客様のクライアント環境へのインストールが必要です。

XenServer 6.2.0では、ライセンスサーバーやライセンスファイルがなくてもすべての機能が無償で有効になります。ライセンスが必要になるのは、Citrixのサ ポートを受ける場合と、XenCenterを使ってセキュリティおよび機能に関する修正(Hotfix)をインストールする場合のみです。ただし、ホストにライセンスが 適用されていなくても、Hotfixをコマンドラインインターフェイスでインストールすることができます。

XenCenter インターフェース

「XenCenter」システム要件
項目 要件
OS Microsoft Windows Server 2008、 Windows Vista、Windows 7、Windows8、WindowsServer2008R2、WindowsServer2012
OSコンポーネント .NET Framework 3.5 以降
CPU 1GHz 以上 (最小 750MHz)
メモリ容量 2GB以上(最小1GB)
ディスク容量 100MB 以上
NIC 100Mbps 以上

■ VMディスク スナップショット

稼働中の仮想マシンに対して、ディスクのスナップショットを取得でき、任意の時点のスナップショットにロールバックすることが可能です。 機能など、詳しくはシトリックス・システムズ社のホームページをご覧ください。

シトリックス

Citrix XenServer無償版利用上の注意

■ サービス提供範囲について

当社提供範囲は「ハイパーバイザー」レイヤーまでとなり、「ゲストOS」は提供いたしません。

サービス提供範囲

■ 提供サーバモデルについて

提供対象のサーバモデルは下記「Citrix XenServer 提供可能サーバモデル一覧」の通りです。表にないモデルへの提供は行っていません。

さくらの専用サーバ
シリーズ 区分 モデル CPU
スタンダード 現行モデル Xeon 4Core 3.40GHz Xeon E3-1230 v5
旧モデル Xeon 4Core 2.20GHz Xeon E5-2407
Xeon 4Core 3.30GHz Xeon E3-1230 v2
Xeon 4Core 2.40GHz Xeon E5-2407 v2
パフォーマンス 現行モデル NEC E120f-M Xeon 6Core 2.40GHz Xeon E5-2620 v3
NEC E120f-M Xeon 6Core 2.40GHz 2CPU Xeon E5-2620 v3 ×2
エンタープライズ 現行モデル Fujitsu RX1330 M2 Xeon 4Core 3.40GHz Xeon E3-1230 v5
Fujitsu RX2530 M2 Xeon 10Core 2.40GHz Xeon E5-2640 v4
Fujitsu RX2530 M2 Xeon 10Core 2.40GHz 2CPU Xeon E5-2640 v4 ×2
Fujitsu RX2530 M2 Xeon 14Core 2.40GHz 2CPU Xeon E5-2680 v4 ×2
旧モデル Fujitsu RX1330 M1 Xeon 4Core 3.40GHz Xeon E3-1231 v3
Fujitsu RX2530 M1 Xeon 10Core 2.30GHz Xeon E5-2650 v3
Fujitsu RX2530 M1 Xeon 10Core 2.30GHz 2CPU Xeon E5-2650 v3 ×2
エクスプレス 旧モデル NEC E120e-M Xeon 4Core 2.40GHz Xeon E5-2407 v2
NEC E120e-M Xeon 6Core 2.50GHz Xeon E5-2430 v2
NEC E120e-M Xeon 6Core 2.50GHz 2CPU Xeon E5-2430 v2 ×2
HP DL2000 Xeon 2.40GHz 4Core Xeon E5620
HP DL2000 Xeon 2.40GHz 6Core Xeon E5645
HP DL2000 Xeon 2.40GHz 4Core 2CPU Xeon E5620 ×2
NEC E120d-M Xeon 4Core 2.20GHz Xeon E5-2407
NEC E120d-M Xeon 6Core 2.20GHz Xeon E5-2430
NEC E120d-M Xeon 6Core 2.20GHz 2CPU Xeon E5-2430 ×2
エクスプレスG2 旧モデル Fujitsu RX1330 M1 Xeon 4Core 3.40GHz Xeon E3-1231 v3
Fujitsu RX200 S8 Xeon 8Core 2.60GHz Xeon E5-2650 v2
Fujitsu RX200 S8 Xeon 8Core 2.60GHz 2CPU Xeon E5-2650 v2 ×2
Fujitsu RX100 S7 Xeon 4Core 3.30GHz Xeon E3-1230 v2
Fujitsu RX200 S7 Xeon 8Core 2.60GHz Xeon E5-2670
Fujitsu RX200 S7 Xeon 8Core 2.60GHz 2CPU Xeon E5-2670 ×2
アドバンスド 旧モデル DELL R720xd 6Core 2.60GHz 2CPU Xeon E5-2630 v2 ×2
フレックス 旧モデル DELL R510 Xeon 6Core 2.40GHz Xeon E5645
DELL R510 Xeon 4Core 2.40GHz 2CPU Xeon E5620 ×2
DELL R510 Xeon 6Core 3.06GHz Xeon X5675
DELL R510 Xeon 6Core 3.06GHz 2CPU Xeon X5675 ×2

「ゲストOS」用IPアドレスについて

初期提供時には「ホストサーバ」用のグローバルIPアドレス1個を標準提供いたしますが、 「ゲストOS」用のグローバルIPアドレスは提供いたしません。
仮想サーバにグローバルIPアドレスを割り当てて運用する場合は、新規お申し込み時に『追加IPアドレス』(※)をお申し込みいただく必要があります。

※追加IPアドレスのご提供は、申請処理の都合上、サーバ開通後から1週間前後お時間をいただきますのでご了承ください。詳しくは専用サーバ「サービス仕様・料金」ページの「IPアドレスの追加について」をご覧ください。
専用サーバ サービス仕様・料金

「追加IPアドレス(グローバルIPアドレス)」を割り当てずに仮想サーバを運用する場合

ゲストOSにプライベートIPアドレスを設定し、NAPT(IPマスカレード)によりインターネットへの疎通設定を行っていただくことで、仮想サーバ上での公開用サーバの運用も可能です。

「追加IPアドレス(グローバルIPアドレス)」割り当てが必要な運用例

仮想サーバごとに分けて複数のサイトを運用する場合(ウェブサイト、SSLウェブサイトなど)

「追加IPアドレス(グローバルIPアドレス)」を割り当てる際の必要な個数

XenServerホストでのルーティング設定により、ネットワークアドレスとデフォルトゲートウェイ、ブロードキャストアドレスの3つが必要です。ゲストOSに利用することができるIPアドレス数は下記の表の通りです。

CIDR IPアドレス数 ゲストOSに割り当て可能なIPアドレス数
/32 1 0
/31 2 0
/30 4 1
/29 8 5
/28 16 13
/27 32 29
/26 64 61

XenMotionによる「ライブマイグレーション」について

専用サーバ(さくらの専用サーバは除く)では、無停止の「ライブマイグレーション」を行うことはできません。

「保守系オプション」サービスについて

OSに「Citrix XenServer」を選択した際には、以下の「保守系オプション」サービスはご利用いただけません。

  • サービス監視
  • リソース監視
  • 障害復旧
  • セキュリティアップデート
  • バックアップ
  • アクセス解析
  • ソフトウェアインストール代行
  • ウィルススキャン
  • SSL設定代行(ただし、SSL申請代行はご利用いただけます。)